管理業務主任者・マンション管理士:民法#無権代理

民法
あー
あー

マンション管理士再チャレンジ中のあーちゃんです 
今日もはりきっていきます!


表見代理とか無権代理とか違いがよー解らんし・・・   
どっちでも、ええんちゃうん?と言いたいところですが
あかんからね

民法:無権代理

無権代理

代理権のない者=無権代理人が、誰かの代理人と称して代理行為を行った場合、この無権代理行為の効果は原則として本人に帰属しない

表見代理の成立要件

  1. 相手方が善意無過失
  2. 次のいずれかにあたる場合
    ・実際に代理権を与えていないのに、代理権を与えたと本人が表示した場合
    ・代理人が与えられた代理権の範囲を超えて代理行為をした場合
    ・代理権が消滅した後、代理人だった者が代理行為をした場合

無権代理効果・追認

表権代理が成立する場合を除き本人に効果は及ばない
・本人が追認した場合は原則として無権代理行為のときに契約が確定的に有効
ただし、これにより第三者の権利を害することはできない
・追認は相手方又は無権代理人のどちらに対して行ってもよい
・相手方の善悪を問わず催告することができ、期間内に本人の回答がない場合
本人は追認拒絶したものとみなされる
・行為のあった時から本人が追認するまでの間は善意の相手方は契約を取消すことができる

相手方の保護

  • 相手方は本人に対して相当期間を定め「追認するか、拒絶するか」の催告ができる
  • この期間に本人からの確答がない場合追認拒絶したものとみなされる
  • この催告は相手方が悪意であっても行使できる
  • 相手方が善意であれば、この契約を取消すことができる
  • この取消しは本人が追認をするともはや行使できない(早い者勝ち)

代理の効果が発生しない場合

・代理人が代理権を有しない事を相手方が知っていたとき
・代理人が代理権を有しないことを相手方が過失によって知らなかったとき
ただし、代理人が自己に代理権がないことを知っていたときは責任を追求できない
・代理人が行為能力の制限を受けていたとき

表見代理と無権代理

表権代理が成立する場合でも、同時に無権代理であることにも変わりはないので無権代理に関する規定も適用対象となる
したがって、表権代理が成立する場合であっても、相手方は善意無過失であるので、相手方は取消権や無権代理人に対する責任追及権を選択的に行使できる



◆間違い・不備等ありましたら、ご指導宜しくお願いいたします!

スキマ時間も有効活用できるオンライン講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました