賃貸不動産経営管理士の国家資格化と業務管理者とは?

その他資格

賃貸不動産経営管理士の<br>おばちゃん
賃貸不動産経営管理士の
おばちゃん

賃貸不動産経営管理士
2021年4月21日発表の国土交通省令にて
国家資格となることが発表されました!

それに伴い、民間資格の時に合格している人がどのように対応しなければ
ならないのかと、設置義務のある「業務管理者とは何か」をまとめました


おばちゃんは、2019年11月に受験し合格しました
そして年明けて合格発表とともに登録をしています

この頃から国家資格化が本格的にささやかれ
それまで40問90分の試験で50%くらいの合格率だったのが2019年には
36.8%になり
翌年には50問120分になり合格率は29.8%とかなりハードルがあがってきています

賃貸不動産経営管理士の国家資格化


2020年(令和2年)までの賃貸不動産経営管理士試験に合格し
2022年(令和4年)6月までに資格者登録を行った賃貸不動産経営管理士

法律施行の6月15日から1年間
期間限定で行われる「業務管理者移行講習(4月22日より受付開始)」を終了することで
業務管理者の要件を満たし、現在取得している賃貸不動産経営管理士資格が
国家資格となります

★試験に合格しただけでなく、登録をしなければいけない
★2022年6月までに登録をしたうえで業務管理者移行講習を終了しなけらばいけない
放置してしまうと、国家資格保持とはならない

業務管理者設置義務

今後は管理戸数200戸以上の賃貸住宅管理業者に
管理事務所ごとに1名以上の設置が義務付けられます


その設置しなけらばならない資格者を「業務管理者」と呼びます
業務管理者は資格ではない(定義や概念)ので、新たに「業務管理者」と言う試験はない

業務管理者の要件

★賃貸不動産経営管理士取得者

賃貸経営管理士取得者で期限までに業務管理者移行講習を受講し、国家資格としての賃貸不動産経営管理士登録を受けた者

★これから賃貸不動産経営管理士資格を取得する方

試験に合格し、管理業務に関し2年以上の実務経験を有する者
(2年の実務経験がない場合は「実務講習」の修了をもって代えることも可)

★宅地建物取引士資格のみを持っている場合

管理業務に関し2年以上の実務経験を有する者で「指定講習10時間(賃貸住宅管理業業務管理者講習)5月10日から受付」を修了することで設置が義務付けられている「業務管理者」の要件を満たします

※ただ、これはあくまでも「業務管理者」の要件を満たすのみで
「賃貸不動産経営管理士」ではないです

当面の設置業務管理者数を満たすための措置になり、将来的には業務管理者の要件から外れる可能性があるので、必要な方はやはり賃貸不動産経営管理士資格は取っておいた方がいいかと思われます

【新品】【本】賃貸不動産管理の知識と実務 賃貸不動産経営管理士公式テキスト 賃貸不動産経営管理士協議会/編著

価格:4,053円
(2021/4/27 08:39時点)
感想(1件)

賃貸不動産経営管理士 過去問題集 令和2年度版 [ 賃貸不動産経営管理士資格研究会 ]

価格:2,200円
(2021/4/27 08:37時点)
感想(1件)


賃貸不動産経営管理士の<br>おばちゃん
賃貸不動産経営管理士の
おばちゃん

国家資格化への講習とか業務管理者は賃貸不動産経営管理士?とか
ごちゃごちゃになってて、ややこしいな

おばちゃんは、特に使う予定はないけど
折角勉強して合格してるから
やっぱり国家資格として持ってたいわな
だから、講習受付開始の4月22日に講習申込みしました

テキストとかが届くとの事やから、届いたら報告するな

2021年5月8日受講済みです

いっぽいっぽ - にほんブログ村

賃貸不動産経営管理士コース

コメント

タイトルとURLをコピーしました